天災に強い快適な家に住むために大切なこととは

誘致する

打ち合わせする男女

賃貸オフィスビルを収益物件とするためにはもちろんテナントで満杯にしなければなりません。テナント誘致活動で重要なことはキーテナントの誘致です。賃貸物件の価値は入居率もありますが、入居テナントの格も重要です。ネームバリューのあるところが入居していると一緒に入居しようと考える企業が増加することがあるのは事実です。そのためには多少条件は下げても有力企業の誘致を成功させることが一番です。長期契約と引き換えにフリーレントを契約に折り込む等の工夫をしてしっかりとしたキーテナントを確保することでその後のリーシング活動が有利に展開することは間違えありません。ビルのイメージも向上して自然と優良な企業が集まるようになります。

リーマンショック以降、賃貸オフィスは空室率の増加や賃料の下落で長い間苦戦を強いられていました。漸く日本経済の回復と企業業績の改善によって雇用情勢が上向いており、企業もスペースの拡張移転や都心回帰の動きが見られるようになりました。空室率が大幅に改善するにつれて賃料も下げ止まりから、上昇基調を示し始めました。賃貸オフィスも築浅のビルから空室率の改善が顕著になっています。当面は貸主に有利な状況が続きそうですが、オフィス事情の改善を踏まえて新規に賃貸オフィスを建設する動きも出始めておりますので、今後いつまでこの状況が継続するかは判断が難しくなっています。アベノミックスの第三の矢で海外企業の日本への進出が増加する等の動きが出てくれば賃貸オフィス市場の堅調さは継続されることになります。