天災に強い快適な家に住むために大切なこととは

増加する理由

打ち合わせする男女

今の生活の中では、不動産売却なんて想像つかない・関係ないと考えている人も多いはずです。 しかし、ライフスタイルの変化によっては売却せねばならない時もあります。 理由はそれぞれ異なりますが、一般的には転勤によりマイホームを手放すケース。 子供の独立で夫婦二人では広すぎるため、手放すケース。 結婚や離婚を機に手放すケース。 そして、不動産を相続したが管理しきれず手放すケースが挙げられます。 その中でも最近増えており、今後も増える事が予測されるのが相続不動産の売却です。 不動産を相続すると、固定資産税・火災保険・町内会費などがかかってきます。 そして、空室を守る為のセキュリティや手入れをする為の費用や交通費がかかります。 費用や時間もかかりますので、相続したものの管理しきれずに売却するというケースが増えているのです。

不動産売却では、現金が手に入るだけではありません。 売却する為には、諸々と費用がかかるのです。 是非とも知っておきたい事と言えます。 不動産業者に依頼し成立した場合には、報酬として仲介手数料が発生します。 仲介手数料は、売却価格により異なりそれぞれ計算方法があるため、それに従って算出されます。 ですから、不動産業者によって異なったり、多く取られるという事はありませんので安心しましょう。 次に、契約書に貼る印紙代です。これも売却価格により異なります。 購入時よりも高く売れた時には、利益分に対する所得税。 そして、登記費用・抵当権抹消費用。 ローンが残っていた場合は、ローン繰り上げ返済手数料。 測量費・残置物処理費用などがかかってきます。 上記を合算すると、かなりの額の現金が必要になると言えます。 ぜひとも把握してから売却活動に入る事をお勧めします。