天災に強い快適な家に住むために大切なこととは

安心できる

打ち合わせする男女

建築設計事務所を営む建築士のことを、一般に、建築家と呼びます。建築設計事務所とは、一級建築士、二級建築士、木造建築士といった有資格者が経営する事務所のことです。 こうした建築家は、ハウスメーカーや工務店などの施工会社からは独立した存在で、建物の設計と工事の監理を専門に行います。 得意とする構造や工法、材料などがあらかじめ決まっているハウスメーカーや工務店とは異なり、建築家は、そうした制約が一切なく、注文住宅を建てる際には、最も自由度の高い依頼先であると言えます。 また建築家は、出来上がった設計図の通りに工事が行われているかを、施工会社からは独立した存在として、建て主に代わって、専門家の立場からチェックをしてくれます。そうした意味でも、建て主にとっては、大変心強い味方であると言うことが出来ます。

建築家に相談して注文住宅を建てる際は、ゼロからの家づくりを経験できるため、マイホーム建設の醍醐味を存分に味わうことができます。 ハウスメーカーの規格商品のように、あらかじめ決められた部分が少ないので、施主が建築家と相談の上、殆どを決めることができるからです。 ただし、間取りから工法、外観や床材まで、決定事項は膨大なため、建築家との家づくりは期限に余裕をもって取り組むことをお勧めします。 また、建築家は芸術家でもあります。 建てた家は建築家の作品にもなりますので、居住者にとっては実用性の無い、作品としてのこだわりなどが出てくる場合もあるので、そこは建築家と施主で意見を上手く擦り合わせていく必要があります。 ともあれ、家づくりはこだわればこだわるほど、時間をかければかけただけ施主にとって納得のいくものになるので、施主の気持ちに沿ってくれる建築家を探し、共に家づくりに取り組めたらいいと思います。